飲食店勤務でのネイルは基本的にはNGです。衛生面のトラブルやお客様に不快感を与える可能性があるからです。

飲食店勤務の人がネイルを楽しみたい場合は、休日を利用するか、フットネイルがおすすめです。やすりやネイルシャイナーで自爪を美しくするのもよいでしょう。

今回は、飲食店勤務のネイルについて、おすすめのネイルについて紹介します。

飲食店勤務のネイルは基本的にはNG

一般的な飲食店では、従業員のネイルを禁止しています。食事を提供する飲食店では、何よりも衛生管理が第一です。ジェルネイルなどの長い爪は爪と指のあいだに汚れが溜まりやすく、手を洗っても汚れが残りやすいため、衛生面で問題があります。

短い爪にネイルを塗っている場合でも、何かの拍子にネイルの端や装飾が剥がれ、調理中、または運んでいる途中でネイルの一部が混入してしまう可能性があります。飲食店にとって、衛生面でのトラブルは致命傷となりかねません。

そういったトラブルを回避するためにも、飲食店勤務でネイルを楽しめるケースはほとんどないといっていいでしょう。

飲食店でのネイルはお客様に不快感を与える可能性がある

どれだけ綺麗でおしゃれなネイルであっても、食事するためにやってきたお客様に「清潔感がない」と思われてしまえば、店のイメージダウンにつながります。短い爪にベージュ系の目立たないネイルをしたとしても、ネイルをしていること自体に不快感を表すお客様もいます。

ネイルOKの飲食店もある

飲食店のなかには、お店のイメージやコンセプトによって、ホールスタッフであればネイルOKというお店もあります。どうしても勤務中もネイルを楽しみたい場合は、求人サイトなどでネイルOKの飲食店を探してみましょう。

飲食店勤務でネイルを楽しむ3つの方法

飲食店勤務が決まっているけど、今までどおりネイルでおしゃれがしたい!という場合は、休日にネイルする、またはフットネイルを楽しみましょう。

また、ネイルシャイナーを使って表面を磨けば、ネイルを塗らなくても美しい爪に仕上げることが可能です。

1. 休日にネイルチップやネイルシールを楽しむ

勤務中にネイルができないのであれば、休日を利用して指先のおしゃれを楽しみましょう。爪を伸ばすことはできませんが、短い爪に似合う色やデザインを追求するのも楽しみのひとつになるでしょう。

特別なデートや結婚式などにお呼ばれしたときは、ネイルチップを利用しましょう。ジェルネイルのようなぷっくり感とつややかで華やかなネイルが楽しめます。

除光液が必要ない剥がせるネイルや、気軽におしゃれなネイルに仕上がるネイルシールもおすすめです。

お休みの日であっても、ジェルネイルはおすすめできません。せっかくお金と時間をかけてジェルネイルを施しても、1〜2日の休日では、すぐに落とさなければならないからです。ジェルネイルは落とすのにも時間がかかるうえ、どうしても爪が傷んでしまいます。短い期間のネイルと楽しむ方法としては不向きです。

2. フットネイルを楽しむ

料理を運ぶ際などにお客様の目につくハンドネイルは禁止ですが、人の目に触れないフットネイルであれば存分におしゃれを楽しむことができます。

派手な色やデザイン、デコパーツを使ったネイルアートで足元を演出しましょう。人目につかな場所でも、綺麗なネイルをしているだけで、華やかな気持ちになれるでしょう。

暖かい季節なら、オープントゥやサンダルを履く機会も増えるため、足元のおしゃれをさらに楽しむことができます。

3. 丹念なネイルケアで美しく整える

ネイルポリッシュやジェルネイルを塗れなくても、爪のおしゃれは十分楽しめます。爪を短く切りそろえるときは白い部分を1〜2mm残し、やすりで爪先をラウンド型、またはオーバル型に整えましょう。

表面をネイルシャイナーで丁寧に磨けば、まるでトップコートを塗ったようなツヤツヤな爪に仕上げることができます。

飲食店勤務のネイルはNG!ネイルは休日に楽しもう

食事を提供する場である飲食店勤務では、衛生面や清潔感を重視することから、基本的にネイルはNGです。

ネイルを楽しみたい場合は、休日にネイルをするか、フットネイルがおすすめです。休日にネイルを楽しむ場合は、気軽に華やかなネイルが楽しめるネイルチップやネイルシールなどを利用しましょう。

「HOMEIウィークリージェル」は、ネイルオフが簡単な剥がせるジェルネイルです。豊富なカラーバリエーションとぷっくりつややかな仕上がりで、休日の爪先をおしゃれに彩ります。