セルフジェルネイルをするときに、上手くいかないことが多いのが、最後の拭き取り作業です。表面のジェルネイルを上手く拭き取れないと、曇った仕上がりとなってしまいます。

今回は、ジェルネイルをツヤツヤに仕上げるために覚えておきたい、拭き取り方法について解説します。「トップジェルを塗ってもツヤが出ない」という人は、ぜひ参考にしてください。

【基本知識】未硬化ジェルとは?

「未硬化ジェル」とは、ライトに当てても固まらなかったジェルのことを指します。

ジェルネイルは、UVライトやLEDライトの光とジェルが化学反応を起こし、硬く固まります。このうち、硬化しきれず、残ってしまうのが未硬化ジェルです。ネイルの表面にジェルが残った状態なので、触るとベタベタします。

未硬化ジェルの原因

未硬化ジェルは、どのメーカーのジェルを使用しても基本的に発生するものです。ただし、硬化用ライトの出力不足や、硬化時間の不足によって、通常以上の未硬化ジェルが発生することがあります。

未硬化ジェルの役割

未硬化ジェルがあると、重ねるジェルと接着が良くなったり、硬化熱を抑える効果があります。そのため、硬化時間をきちんと守っていれば、未硬化ジェルが残っても、硬化失敗とはいえません。

そこで重要となるのが、未硬化ジェルの拭き取りです。

未硬化ジェルの正しい拭き取り

それでは、未硬化ジェルが発生したときの拭き取り方をみていきましょう。

拭き取りに用意するもの

・トップジェル
ワイプレストップジェルの場合は、未硬化ジェルが発生しないため拭き取りは不要です。ツヤを出すトップジェルや、ツヤを消すマットトップジェルの場合は、拭き取りを行います。

・消毒用エタノール/クリーナー
消毒用エタノール、またはクリーナーで拭き取ることができます。クリーナーとは、ジェルネイルを拭き取る専用の溶液です。クリーナーは成分が強いものもあるため、肌が弱い場合は注意が必要です。消毒用のエタノールであれば、薬局でも簡単に入手できます。

・ワイプスポンジ
そのほか、コットン・キッチン用ペーパー・不織布の布も使用できます。ネイルサロンでも、コットンやキッチン用ペーパーで代用していることがよくあります。

未硬化ジェルの拭き取り方

①まずは、ワイプスポンジにエタノールまたはクリーナーを含ませます。ボトボトにならない程度、しかし全体が湿るまで、しっかりと含ませましょう。

②ワイプスポンジの端を爪の根元に乗せ、爪全体を覆って、根元側を親指と人差し指で上から軽く押さえます。

③根元から爪先まで一気に、さっと拭き取りましょう。

④拭き残しが出ないよう、再度拭き取ります。2回目は、爪先や爪の裏も意識して、拭き残しがないように注意しましょう。

【注意】一度拭き取りを行ったワイプスポンジの面には未硬化ジェルが付いています。そのまま、再度拭き取ると曇りの原因となるため、折り返して違う面を使って拭き取ってください。

未硬化ジェルの拭き取り失敗の原因

正しいやり方で未硬化ジェルを拭き取ったのに、曇ってしまうという場合は、下記のような原因が考えられます。

・トップジェルの量が少なすぎる
トップジェルの量が少なすぎるとツヤが出にくくなるため、適度に多めに塗るのがポイント。爪を1本に対して、1回ずつブラシにジェルを取るようにしましょう。

・ツヤが出にくいトップジェルを使用している
メーカーによって、ツヤ感が強いものと弱いものがあります。インターネットで購入するときは、口コミや評価を確認して、しっかりツヤが出るトップジェルを選びましょう。

・硬化時間が短い
ジェルや硬化用ライトによって、硬化時間が異なります。一般的に、LEDライトのほうが早く硬化します。ジェルによっても異なりますが、UVライトなら2分程度、LEDライトなら10〜30秒程度で硬化できます。

ジェルの量にもよって硬化時間は変わるため、未硬化ジェルが多い場合は、少し長めに硬化時間を取りましょう。たくさんパーツを乗せた場合も、ジェルを多く乗せることになるため、通常よりも長くライトに当ててください。

・指にきちんとライトが当たっていない
しっかりとライトが当たっていないと、当然ながら硬化できません。とくにライトが当たりにくいのが、小指と親指です。とくに親指は、他の指と揃えて入れると、斜めに傾いてしまいます。親指は、1本だけでライトに当てるようにしましょう。

・未硬化ジェルが拭き取れていない
単純に未硬化ジェルが残っていて、曇っている・ベタベタしているという可能性があります。何度も同じ面で拭き取ると、未硬化ジェルが残りやすいため要注意。

・拭き取りの溶液が足りない
エタノールや専用の溶液でなければ、未硬化ジェルは拭き取れません。含ませる量が少ないと、未硬化ジェルが残って曇る原因となります。ティッシュを使うと、十分な液体を含ませることができないため、あまりおすすめできません。

未硬化ジェルをキレイに拭き取ってツヤっとしたネイルに仕上げよう!

未硬化ジェルが残っているとアレルギーの原因となることもあります。まずは、トップジェルをしっかりと硬化させることが大切です。未硬化ジェルは、どうしても発生してしまうものなので、十分な溶液を使って、爪全体を2回拭き取りましょう。トップジェルをキレイに拭き取ると、セルフネイルでもネイルサロンで施術したようなツヤ感に仕上がりますよ。

また、HOMEIでは、拭き取り作業が要らない「HOMEIウィークリージェル」が販売されています。HOMEIウィークリージェルは、サンディング、ベースジェルも不要で、オフはペリッとはがせるのでリムーバーも不要です。初心者でも簡単にセルフジェルネイルに挑戦できます。