指先専用のオイルでケアをすれば、指先をきれいに保てます。ネイルの持ちもよくなって、お気に入りのネイルを長く楽しめるでしょう。

とはいえ、ネイルに塗布するオイルの種類はさまざまあります。毎日のケアに使うなら、使い勝手のよいものを選ぶことが大切です。

そこで本記事では、ネイルオイルの正しい使い方を紹介。特徴や種類・選び方、使うときのポイントと併せて確認しましょう。

ネイルオイルはきれいな爪を保ちやすくするオイル

ネイルオイルとは、「キューティクルオイル」ともよばれる指先のケアアイテムのひとつです。頻繁にネイルをする人は、爪のダメージが大きくなりがち。適切なケアでダメージを蓄積しないようにしましょう。

ここからは、ネイルオイルを使うことによって期待できる効果を紹介します。

1. ネイルオイルの効果:爪の乾燥を防ぐ

ネイルを頻繁に塗ったりオフしたりしている人は、爪が乾燥しがち。これを放置してしまうと、爪割れや二枚爪が頻繁に起こります。保湿効果の高いネイルオイルは、乾燥を防ぐのに最適です。爪に直接塗布することで爪に水分・油分を浸透させ、きれいな状態を保ちやすくしてくれます。

2. ネイルオイルの効果:ネイルの状態をよくする

ネイルオイルで小まめにケアしていれば、健康な爪が生えてきます。指先の状態が悪いと、薄く弱い爪になりがちです。ちょっとしたことで割れたり欠けたりしやすく、手間をかけたネイルもすぐに剥がれてしまいます。

一方、きちんとケアされた爪は強度もしっかり。ネイルを塗っても落ちにくく、好きなカラーやデザインをきれいな状態で長く楽しめるでしょう。

ネイルオイルの選び方

どんなネイルオイルが合うかは、用途や好みによって人それぞれです。ネイルオイル選びで注目したいポイントを紹介します。

1. 配合成分で選ぶ

爪の乾燥を防ぎたいなら、乾燥防止効果の高いオイルが配合されているものを選びましょう。一般に、保湿効果が高いと言われるのは次のオイルです。

  • ホホバオイル
  • アボカドオイル
  • アルガンオイルなど

また、「爪をもっと強くしたい」という人は、ケラチンやビタミン成分が入っているものがおすすめです。

2. 種類で選ぶ

一口にネイルオイルといっても、種類はさまざま。用途によって、どの形状がよいかを検討しましょう。

主な種類としては、以下のものがあります。

  • ハケタイプ:量を調整しやすい。自宅でのケアにぴったり
  • ペン・チップタイプ:手軽に塗れる。場所を選ばず使える
  • スポイトタイプ:美容液感覚で使える。量の調整が難しく、自宅ケア向き

ネイルオイルの使い方


ネイルオイルの使い方は、ネイルに慣れている人なら特に難しいことはありません。正しい使い方を知り、きれいな爪をキープしましょう。

ここでは、ハケタイプの使い方を紹介します。

1. 適量を取る

ハケをボトルから出すときは、必ず縁でハケをしごきます。余分なオイルを落として、適量を残しましょう。ハケ全体にオイルがうっすら残っているくらいがベストです。

2. 爪の根元に塗る

爪と皮膚の境目にオイルを載せるように置きます。付けすぎるとベタベタになるので、少量ずつ様子を見ながら塗ってください。

3. 指で馴染ませる

全ての指にオイルを塗ったら、爪の根元から指先にかけてマッサージします。このとき、保湿成分を周りの皮膚にもしっかりと浸透させましょう。指先の血行がよくなるよう、全ての指を一本ずつ丁寧に揉むのがおすすめです。

ネイルオイルを使うときのポイント

ネイルオイルを効果的に使うには、塗り方やタイミングに注意が必要です。

「乾燥を感じる前に塗ること」「ハンドクリームの前に塗ること」について紹介します。

1. 乾燥を感じる前に塗る

ネイルオイルを塗布する回数に決まりはありません。爪をきれいな状態にするなら、なるべく小まめに塗布して、乾燥させないことが大切です。おすすめは、以下のタイミングです。

  • ネイルをオフした後
  • 寝る前
  • お風呂上がり

このほか、リラックスしたいときなどもネイルケアはおすすめです。

2. ハンドクリームの前に塗る

ハンドケアの一環としてネイルオイルを使う場合は、ハンドクリームを塗る前にネイルオイルを使いましょう。先にハンドクリームを塗ってしまうと、クリームの油分がネイルオイルの浸透を妨げます。先にオイルを塗って、ハンドクリームでフタをするのがおすすめです。

手軽に使えるネイルオイルが欲しいなら。「HOMEI キューティクルオイル」をチェック

「ウィークリージェル」で人気のHOMEIからは、甘く爽やかなシャボンの香りが特徴のネイルオイルがラインアップされています。使いやすいと評判のネイルオイルの特徴を紹介します。

5種類のうるおい成分配合

チップタイプのネイルオイルには、5種類のうるおい成分を配合。爪や爪周辺の皮膚をしっかりと保護します。

また、爪の表側「ネイルベッド」から爪の内側部分「ハイポニキウム」までのケアが可能です。使い続ければ、どこから見ても美しい指先が叶います。

ネイルオフ時に使える

ネイルをオフした後は、何かと乾燥が進みがち。チップタイプの「HOMEI キューティクルオイル」なら、一塗りで乾燥対策できます。

また、ウィークリージェルを使っている人は、ネイルを剥がすときにこのオイルを使うのがおすすめ。爪に負担をかけずに、ネイルをきれいに剥がせます。

ネイルオイルできれいな指先をキープしよう

ネイルオイルは、爪の状態を良好に保ってくれるアイテムです。最適なタイミングで塗ることで、爪の元気が復活します。ネイルの持ちもよくなるでしょう。

どのネイルオイルを選べばよいか迷ったときは、ぜひ「HOMEI キューティクルオイル」をチェックしてみてくださいね。