マグネットネイルとは、ポリッシュやジェルの中に鉄粉が入ったネイルです。磁石を使って鉄粉を動かし、好きな模様をデザインします。

専用のパウダーを使えば、手持ちのネイルでマグネットネイルを楽しむことも可能です。

今回は、マグネットネイルの特徴やおすすめのデザインなどを紹介します。

磁石を近づけて模様を作るマグネットネイル

マグネットネイルとは、ポリッシュやジェルの中に細かい鉄粉が含まれたネイルアイテムです。塗布したあと、乾く前に磁石を近づけることで、鉄粉が反応し、好きな模様に変化させることができます。例えるなら、指先でサンドアートをするようなイメージです。

通常のラメやパールとは違った輝きが特徴で、マグネットで模様を付けると、独特で不思議な光り方をします。

マグネットネイルの模様がより際立つのは、やはりダークカラーでしょう。ギャラクシー系のネイルアートが好きな人におすすめです。

ベージュや淡いパープル系、ピンク系などのカラーバリエーションもあり、華やかで女性らしい指先を演出できます。

ワンカラーでも十分おしゃれに見えるため、セルフネイルが苦手な人でも挑戦しやすいネイルです。セルフネイルに慣れている人であれば、パールやミラー、ストーンを乗せたりなど、デザイン性の高いネイルアートを楽しめるでしょう。

簡単にできるマグネットネイルのおすすめデザイン3選

磁石を使って模様を作るマグネットネイルは、自分好みのさまざまなデザインを楽しむことかできます。

ここでは、初心者でも簡単にできる、シンプルでおしゃれなマグネットネイルのデザインを3つ紹介します。

1. シンプルながら小悪魔的な魅力「キャッツアイ」

石の中心に猫の目のようなラインが入っている天然石「キャッツアイ」のように、マグネットで爪の中心に1本の光のラインを作るデザインです。爪の角度によってキラリと光るラインで、小悪魔的な魅力を演出できます。

爪の表面に縦または斜めに1本ラインを引くだけなので、初心者にもおすすめのデザインです。

2. 柔らかな曲線でフェミニンな印象を与える「ストリーム」

その名のとおり、爪の表面に小川のような柔らかな曲線を引くデザインです。ベースカラーにピンクやベージュ系を塗れば上品でフェミニンな印象になります。

ネイビーやブラックのベースカラーにストリームを施せば、夜空にきらめく天の川をイメージしたギャラクシーネイルを楽しむこともできます。

3. さまざまな表情を楽しめる「ふちどり」

ふちどりとは、マグネットを動かしながら、爪の輪郭に沿ってラインを描いていくデザインです。爪全体を囲うようにラインを施すデザインほか、キューティクルや爪先(フレンチライン)にのみラインを施す方法もあります。

ラインの入れ方やベースカラーによって印象が大きく変わるため、組み合わせ次第でさまざまなデザインを楽しむことができます。

手持ちのネイルを使ってマグネットネイルを楽しむ方法

マグネットネイルは、手持ちのジェルネイルやポリッシュを使って、自宅でセルフネイルを楽しむことができます。

用意するものは、ベースとなるネイル、専用のマグネットパウダー、磁石です。手持ちのジェルネイルに専用パウダーを混ぜて爪に塗り、硬化する前に磁石でラインを調整します。専用パウダーは、通販などで気軽に購入できます。

うまくラインを描くコツは、磁石を爪の表面にしっかり当てながら左右にずらしていくことです。

凝ったラインを描きたい場合は、マグネットネイル専用磁石がおすすめです。波模様やシマシマ模様が簡単に作れます。

マグネットネイル独特のキラキラ感を楽しもう

マグネットネイルの魅力は、通常のパールやラメでは表現できない独特の輝きです。マグネットを当てて自分好みのラインを描くことができるので、ベースのネイルカラーと合わせて、さまざまな表情を演出できます。

専用のマグネットパウダーを使えば、手持ちのジェルネイルやポリッシュでマグネットネイルを楽しめます。

「HOMEIマグネットトップジェル」は、はがせるジェルネイル「HOMEIウィークリージェル」の上に塗るだけでマグネットネイルが楽しめるトップジェルです。

専用のマグネットスティックを使えば、ラインやグラデーションなど、さまざまなアレンジが可能です。