ネイルファンデーションとは、爪に自然なツヤと血色を加えて、爪の黄ばみや白濁、凸凹をカバーしてくれるネイルアイテムです。

カラーバリエーションはナチュラルなベージュやピンク系で、肌なじみが良いのが特徴です。まるで自爪のような仕上りで、シーンを選ばず活躍します。

今回はネイルファンデーションの特徴やメリット、選び方のポイントについて紹介します。

ネイルファンデーションは爪を美しく見せるナチュラルカラーのネイル

ネイルファンデーションとは、爪の色ムラや凹凸をカバーし、健康的で美しい爪に美しく見せるネイルです。ベージュやピンクをベースにした肌色に近い過チュラルカラーで、やや透け感があるのが特徴です。

まるで自爪が綺麗になったような自然なツヤと発色で、普段あまりネイルをしない人にも人気が高いアイテムです。

ネイルファンデーションを落とすときは、普通のネイルポリッシュ同様、ネイルリムーバーを使用します。コットンにたっぷりとリムーバーを染み込ませ、爪の表面を覆うようになじませれば、簡単にオフできます。

ネイルファンデーションのメリット

ネイルファンデーションの主なメリットは次の2つです。

1. 自爪の凸凹をカバーしつつ自然なツヤと血色を演出できる

多くのネイルファンデーションには、保護成分や美容成分が含まれています。ひと塗りするだけで自然なツヤとほんのりとした血色が加わり、自爪の凹凸や黄み、色ムラなどをカバーしてくれます。

2. 割れやすい爪を補強できる

ネイルファンデーションは、爪を美しく見せるだけでなく、割れやすい爪を補強してくれる役割もあります。爪が薄く二重爪になりやすい人、すぐに爪が欠けてしまう人におすすめです。

ベースコートを塗ったあとにネイルファンデーションを塗ると、層に厚みができるため、より爪が割れにくくなるでしょう。

3. シーンを選ばず楽しめる

まるで自爪を美しく整えたような自然な仕上がりになるネイルファンデーションは、プライベートはもちろん、オフィスシーンや学校など、シーンを選ばずに楽しめるネイルアイテムです。

「職場はクリアネイル以外NGだけど、自爪の色が綺麗じゃない…」という場合でも、自分の肌に近いネイルファンデーションであれば、透明のトップコートを塗る感覚で使用できるでしょう。

ネイルファンデーションを選ぶときの3つのポイント

ネイルファンデーションを選ぶ際は、次の3つのポイントを押さえましょう。

1. 肌なじみがよく発色が良いものを選ぶ

ネイルファンデーションはベージュやピンク系のナチュラルカラーのネイルばかりですが、黄みの強い肌の人と赤みが強い肌の人では、「よりなじむカラー」が異なります。

自分の肌にあったネイルファンデーションを選ぶことで、美しい指先を自然に演出できます。自爪の白濁や黄ばみを気にしている場合は、できるだけ発色が良いものを選ぶとよいでしょう。爪の血色が良くなり、綺麗に見えます。

2. 薄付きでもしっかり補強してくれるものを選ぶ

爪が薄い人、弱い人は、爪を補強してくれる成分や、傷んだ爪を補修してくれる成分が入ったファンデーションネイルを選ぶと良いでしょう。

爪を守るために普通のネイルポリッシュを重ね塗りしたり、厚塗りタイプのネイルを塗ると。自然な仕上がりにならなくなってしまいます。

薄付きでもしっかり爪を保護してくれるネイルファンデーションがおすすめです。

3. 保湿成分など美容成分配合のものを選ぶ

爪が痛む原因の1つに、乾燥があります。高い保湿成分など、美容成分が入ったものを選ぶことで、ナチュラルで美しい仕上がりのネイルを楽しみながら、爪をしっかり保湿できます。

自然な仕上がりのネイルファンデーションで美爪を演出

ネイルファンデーションは、爪を自然なツヤと血色を与えて、まるで自爪が美しなったような仕上りになります。爪の補強や保湿成分が含まれているものもあるため、爪が割れやすい、乾燥しやすいといった悩みを持つ人にもおすすめです。

HOMEIの新商品「HOMEI 12FREE ネイルカバーハードナー」は、保湿トリートメント配合のヘルシーネイルです。ネイルカラーを楽しみながら、自爪の保湿や補強といったネイルケアが可能です。